FC2ブログ

fujitake works 雑記帖

マジョリーナチェア

マジョリーナ1
zanotta社製、マジョリーナチェア。
1つだけあったオリジナルを参考に中のクッションから、
背、座、オットマン用のクッションをスムース革にて新しく製作しました。
中のクッションから拘った作りで1つのクッションに3つに分かれたクッションが入っています。
マジョリーナ2
マジョリーナ3
デザインはデザイン界の巨匠マルコ・ザヌーソ。
美しい金属のフレームに本革のクッションを合わせたイタリアらしいデザイン。
一度座るとなかなか立ち上がる事の出来ない座り心地です。
スポンサーサイト



  1. 2020/11/22(日) 10:04:39|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FUJITAKEWORKS 7周年

suigen1.jpg
FUJITAKEWORKSを開業して7周年を迎えることが出来ました。

今年は新型ウィルスの影響で人と会う機会が少なくなり、
いつもに増して過ぎるのが早かったように思います。
有難いことに椅子張りの仕事には恵まれていて、あまり変ることなく1人工房で作業をする日々でした。
10周年迄にはお客様に来ていただけるスペースを作りたいと考えています。
実際に座り心地を確認してもらったり、生地を触り比べてもらったり、好きな古い椅子を張替えて販売したりと
以前からやりたいとは思っていますが、なかなか希望の場所に巡り合えません。
仕事をしながら自分のサイズに合った場所作りをしていきたいです。

suigen2.jpg
先日、新しく出来た水源の森キャンプ場に行って来ました。
新しい出会いの中、洗練されたキャンプミーティングを楽しみました。
友人が新しく始めるブランドに作り手として少し参加しています。
気持ちの良い秋晴れの朝でした。
suigen4.jpg

suigen3.jpg
  1. 2020/10/25(日) 11:06:33|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天童木工 ヘロンチェア張替え

heron921.jpg
古く状態の悪い天童木工製ヘロンチェアの張替え。
張替えの作業をご紹介させていただきます。
heron922.jpg
剥がした状態
座のラバーテープは硬化しボロボロの状態です。
背座に受け張りが無い為、ラバーテープにあたる箇所から切れてしまっていました。
heron923.jpg
新しくウェービングテープをひき、背座共に受け張りをしました。
これによりウレタンが切れることなく、長い間ご使用いただけます。
heron924.jpg
表生地とナイロンハーフ付ウレタンを接着し、1本1本ミシンキルティングしていきます。
heron925.jpg
ベースに硬質のウレタンを接着し、その上にキルティングした縫製品を張って仕上げました。
クッション部分は新品同様になります。
heron926.jpg
同じような直し方でロッキングチェアも張替えました。
どんなにボロボロの状態でも木部(フレーム)がしっかりしていれば、
張替えて甦らすことができるのが凄く良い仕事だと思います。
思い出と共に張替えて使い続ける暮らしを。
  1. 2020/09/21(月) 08:45:19|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

wegner デイベッドの張替え

wegnerdb2.jpg
wegnerdb3.jpg
GETAMA社製、ウェグナーデザインのデイベッドを張替えさせて頂きました。
シンプルな構造ですが、サイズが大きく座がフレームと一体になっている為に
とても重く張替え&運搬に苦労しました。
wegnerdb1.jpg
お客様から頂いた画像になります。とても素敵なお住まいです。
クッションカバーは張替え前の生地にて製作しました。

約6年前、独立して仕事があまりなかった時期
出先で素敵なお家を見つけてはポスティングするのが趣味となっていました。
今回その時のポストカードからご依頼頂きました。
何事も無駄ではない、とても嬉しい張替えとなりました!
  1. 2020/08/23(日) 10:36:26|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトチェア Kvadrat

kkabuto1.jpg
古いカブトチェアをKvadrat Halingdal のとても綺麗なブルーの生地で張替えさせて頂きました。

kkabuto5.jpg
古いモノでしたので、中のクッション材から交換しました。
生地、ウレタンを全て剥がし芯材の状態に。

kkabuto6.jpg
下にチップウレタン、硬質ウレタンを重ねてしっかりした座り心地になるように
オリジナルより厚めのウレタンに交換しました。

kkabuto7.jpg
仮張りの状態
Kvadrat Hallingdal は伸びる生地なので、張り方はオリジナルと同じく表裏ともに1枚布で仕上げることに。
腰のえぐれた部分のシワ(生地のたるみ)をとるのが難しく、
仮止めをしながら少しづつ切り込みを入れてシワをとっていきます。

kkabuto2.jpg
kkabuto3.jpg
後ろ姿の綺麗な椅子だと思います。裏面はほぼ手縫いで仕上げています。
ウレタンを厚くしてのべ張りで張れるか不安でしたが綺麗に仕上げることが出来ました。

以前からほそぼそと続けている私の椅子ブログを見てくださっている
山口県のお客様からご依頼いただきました。ありがとうございました!
  1. 2020/07/26(日) 12:24:56|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ