FC2ブログ

fujitake works 雑記帖

ペリカンソファ

天童木工製の古いペリカンソファ。現行では製造されていない製品です。
ソファクッションを試す椅子が欲しいと思っていたところ、中古で安く購入することが出来ました。
ボロボロの状態でしたので木部の状態まで剥がし、下張りから作り直しました。
それにしても自分の椅子を張替えるは楽しい時間で、お金にはなりませんが色々と見つめ直す大切な時間だと思います。
tps2.jpg
低い座面で置きクッションの作りなので、クッションを変えることにより
色々な座り心地が試すことが出来るので、ご自分に合った座り心地からクッションの作りが選べます。
tps1.jpg
背フェザー&座フェザーの組み合わせ
tps3.jpg
背マチなしフェザー&座フェザーの組み合わせ
tps4.jpg
座ウレタン&背フェザーの組み合わせ

僕は背がマチなしフェザー&座ウレタンの組み合わせが好きなので工房ではこの組み合わせで使用しています。
生地はKvadrat Molly2、よく使用する好きな生地です。
ソファのクッションを変えるだけでも座り心地はとても良くなります。
クッションの交換などだけでもご相談くださいませ。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/10(日) 10:48:00|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓辺のデイベッド

tks1.jpg
tks2.jpg
新居に合わせ、デイベッドのクッションを作製させて頂きました。
座クッションはウレタンベースに厚み8cmのフェザーシートをのせ、
沈みこみすぎない柔らかな座り心地になっています。
クッションはしっかりと背中をささえてくれる大きめのフェザークッション。
両サイドのアームは形状が変わらないよう硬めのウレタンで製作しました。
tks3.jpg
生地はKvadratを使用し、各パーツごとに張り分けています。
細部まで気づかいとこだわりの行き届いた素敵なお住まいでした。
  1. 2019/10/19(土) 21:46:56|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北欧ソファの張替え

sofakv1.jpg
sofakv2.jpg
北欧製の大きな3Pソファの張替えさせて頂きました。
1人では運べない大きさでしたので、配送は家財宅急便にてお願いいたしました。
座クッションが柔らかすぎるとのことでしたので、硬質ウレタンに交換し張替え。生地はkvadrat Fiordを使用。
ただ張替えるだけでなく、クッションの硬さ、素材など交換も可能です。是非、ご相談ください。
odcushion2.jpg
odcushion1.jpg
ソファに合わせたクッションも作製。スモールフェザーで製作したクッションでフェザーがずれにくいように4つ割りにしています。
お好みのサイズが市販では無い場合や、フェザーが少なくてモノ足りないなど。
お好みのサイズ、ファブリックでのクッション製作もいたしますので、こちらもご相談ください。
  1. 2019/09/29(日) 11:15:09|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーノ・マットソン

天童木工製、マットソンシリーズのハイバックチェア。
以前から欲しかった椅子を格安で落札できました。
見事な成型合板のフレームで軽く座り心地の良い名作椅子です。
IMG_1087.jpg
張替え前  古いモノで下地生地からボロボロの状態です。
IMG_1147.jpg
まずはフレームの状態まで全て剥がします。
中の細いフレームで何十年も座り使われる、考えぬかれた作りと凄い技術力です。
IMG_1164.jpg

IMG_1160.jpg
下地は帆布で製作し、クッション部分は使ってみたかったガラ紡生地。
枕部分は洗えるようにオリジナルと変えカバータイプで製作。
実際に暮らしの中で使用し、生地の変化を確認していきたいと考えていました。
思いのほか子供達に好評で、つねに誰かが腰かけています。
お客様にお勧めできる生地を使いながら探していきます。
  1. 2019/09/09(月) 20:54:45|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グランプリチェア

fhg1.jpg
グランプリチェア、フロントパティングの張替えをさせて頂きました。
曲線のセブンチェアに比べ角が多い為、全体のバランスを見ながらポイントを合わせ丁寧に仮止め。
シワが出無いようピッタリ合わせるのに、最初の1脚目は苦労しました。
fhg2.jpg
元の生地から型をとりましたが、生地が変わると伸びなども変わる為に若干の型修正が必要になります。
今回の生地はKvadrat Fiordを使用。織目がこぎん刺しを思わせる生地です。
fhg3.jpg
グランプリと言う名の通り、1957年ミラノ・トリエンナーレにてグランプリに輝いた椅子。
このラインを生み出した建築家でデザイナーのアルネ・ヤコブセンは本当に凄い人です!
  1. 2019/08/15(木) 21:14:33|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ