FC2ブログ

fujitake works 雑記帖

古い一人掛けソファの張替え

とても古い大きな一人掛けソファの張替えをさせていただきました。
Nsofa5.jpg
張替え前 
脚の木部に細かな彫り込みがされていて、とても丁寧な作りです。
おじい様の代から使われてきたとのことで長い歴史を感じます。
Nsofa4.jpg
バネを支えている麻テープが切れ、バネが落ちて座れない状態に。
溜まったホコリの量から長い使用年月を感じます。
Nsofa3.jpg
木部の状態まで剥がし、バネを入れ直しました。
デンマークで使用されている厚手の麻テープを使用しました。
裏から麻糸でバネを固定します。
Nsofa2.jpg
座のクッションは特注のフェザークッションをオーダー。
後ろと前でサイズの違う台形型です。
Nsofa1.jpg
張替え後
クッションにはウレタンを使用せず、麻、藁、パーム、綿など自然素材のモノを使用しました。
作業場中がホコリだらけになる為、他の仕事のタイミングを見ながら張り替えました。
普段はなかなかやらない技術を使う張替えの為、とても時間がかかりました。
包み込まれるような優しい座り心地のソファに蘇りました。
スポンサーサイト
  1. 2019/05/03(金) 21:31:36|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博物館の椅子

長らく博物館で使用され続けている椅子の張替えをしました。
以前に数回張替えはされたようですが、しっかりと直されていませんでした。
今回は木部の状態まで剥がし、フレームの状態から直しました。
thc1.jpg
thc2.jpg
thc3.jpg
全てを取り除き木部の状態に。
長い年月でたまったホコリがもの凄いです。
thc5.jpg
厚手の麻テープを木部に釘でとめます。
thc4.jpg
麻テープの上にバネを固定。
thc6.jpg
下張りし、ウレタン接着し張り上げます。
クラシカルな椅子に蘇りました。
  1. 2019/04/21(日) 19:41:47|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業

2019324.jpg
長男が無事に中学校を卒業しました。
元気な子が多く問題の多かった学年でしたが、とても感動する卒業式でした。

なんとか希望の都立高校にも合格し、高校でサッカーをする姿が楽しみです。
僕が息子とボールを蹴るのは今日が最後かな。
少し寂しいですが、これからどう進んでいくのか楽しみです。
  1. 2019/03/24(日) 10:35:28|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の住まい設計社 ソファの張替え

北海道の材料を使いお家から家具まで製作販売している「北の住まい設計社」。
東川町の廃校となった小学校を工房としている素敵な会社です。
今では製作されていないソファの張替えをさせて頂きました。
kitasofa1.jpg
張替え前
長年の暮らしで使われ、いつも座る部分の生地は破けてしまっています。
kitasofa2.jpg
背、座、肘、全ての傷んだクッション材を交換しました。
kitasofa4.jpg
kitasofa3.jpg
張替え後
クッション材の上に白綿をひいて張替えました。
フレームから背座のパーツ全てに無垢材が使用されている為、とにかく重いソファでした。
背座にはバネが使用されていて硬めのしっかりとした座り心地。
これからも暮らしで気持ち良くお使いできるソファに蘇りました。
  1. 2019/02/24(日) 17:38:37|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クッション製作

今年は昨年末に材料が揃い、年始5日納め約20mのベンチ仕事からという
慌ただしいスタートとなりました。息子の高校受験もあり落ち着かない日々です。

有難いことに1月から忙しく仕事をさせていただいています。
フレームに合わせたクッションを製作させていただきましたのでご紹介させていただきます。
sofa9171.jpg
北欧製のフレーム。以前に気に入ってフレームの状態で購入されたとのことです。
クッションサンプルを持参し、実際に座っていただきながらご相談しました。
sofa9172.jpg
今回は背も座もフェザーで製作。背は6つ割り、座は9つ割りになっていて、
背と座でフェザー量を変えています。最近はフェザー量を指定して製作してもらっています。
フェザーを座につかうと反発がないので底づき感が気になりますが、
フェザー量を多く入れることにより底づきの無い包み込まれる仕上がりになりました。
sofa9173.jpg
生地はKvadrat molly 2を使用。質の良いウールの肌触りです。
フェザークッションの良い点は、柔らかいためファスナーの開口部が狭くてよいところです。
横から見た時にハギが無く見た目も綺麗に仕上がります。
フレームに合わせたサイズを決めるのに時間がかかりました。
厚み、大きさ、座り心地のバランスを考え先に座を決め製作してから背のサイズを確認しました。
sofa9174.jpg
こちらは以前にもご紹介しましたが、新築住宅の造り付けソファです。
造り付けの台の上にクッションを置いているだけですので、
お掃除もしやすく背のクッションをどかせばベットにもなる作りです。

クッションが駄目になっても、新しく製作出来ますのでどうぞご相談ください。
遅くなってしまいましたが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
  1. 2019/01/27(日) 09:59:31|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ