fujitake works 雑記帖

セブンチェア

1955年にデンマークのフリッツハンセン社から販売されている名作椅子のセブンチェア。
60年たった今でも色あせることなく憧れの椅子の1つとなっています。
さまざまな素材やカラーの成型合板が一般的ですが、
表面に生地を張ったフロントパティング、表裏を張包んだフルパティングがあります。
クッション材を入れるので座り心地も良くなります。
seven3.jpg
表面に生地を張ったフロントパティング。
吉祥寺にて北欧家具を扱うpleases様にご依頼いただき制作しました。
seven5.jpg
縫製品の内側におさまるように一回り小さいウレタンを接着。
seven4.jpg
H型の特殊なパイピングを縫い付けた縫製品。
ウレタンと縫製品を接着してからタッカー止めして張り上げます。
seven1.jpg
張替え後 
D&D tokyoでの張替え相談会にて、アーム付きフルパティングをご依頼いただきました。
1976年製の古いモノで中のクッションから交換し張替えました。
心材にウレタンを接着、表地を張り込み、裏側の生地を張り込みます。
seven2.jpg
背裏の腰部分から上の見える部分にH型の特殊パイピングを縫い付けタッカー止めしています。
座裏は生地を折り返してタッカー止め。
アームの形状、バランスといい美しい椅子です。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/15(木) 21:46:22|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 14

吉祥寺にある北欧ヴィンテージを取り扱う家具屋Please様にご依頼いただき
デンマークの家具メーカーJ.L.Moller社の張替えをさせていただきました。
古く貴重なチーク材の木部でどこから見ても本当に美しい椅子です。
moller3.jpg
moller4.jpg
moller6.jpg
moller5.jpg
張替え後
チーク材で制作された木部にヌメ革、茶色の革で張り仕上げました。
中の仕様も当時のやり方と同じ方法で下作りしました。
一度すべて剥がしデンマークから取り寄せた麻テープを横縦に下張り、黒綿、硬質ウレタン、白綿。
なかなか触ることの出来ない椅子の張替えをさせていただき良い機会となりました。
  1. 2017/05/25(木) 20:47:26|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 13

デンマークを代表する家具メーカーのフリッツハンセン社。
建築家のアルネ・ヤコブセンがデザインし1955年に発表されたセブンチェア。
日本中、多くの場所で愛用されている名作椅子です。
20174231.jpg
20年以上前のモノで塗装は剥がれ、表面の木肌はボロボロの状態でした。
クッションをつけ生地を張り、張り包みの椅子に作り変えます。
20174232
ウレタン接着後
硬質ウレタンを前面に接着しました。
20174233.jpg
張り包み後
1枚の生地で表地を張り込みます。腰部のカーブ部分に生地のたわみがでてしまいシワなく張るのが少し大変です。
切り込みを入れながら張り上げました。
20174234.jpg
背裏はタマブチを縫い付けて、手縫いにて仕上げました。
使用しているうちに傷ついたり、塗装がおちていってしまいます。
張り包みはクッションが入り座り心地も良くなるので、修理方法としてもおすすめです。

20174235.jpg
こちらは、脚が可愛い日本製の古いオフィスチェア。
ビニールレザーからファブリックにて張替えました。
中身のウレタンを全て交換し、接着せずに張り込み。
厚みもあり、カーブもきつく、セブンチェアより大変な張り作業でした。
20174236.jpg
背裏は薄いウレタンを入れ、全周手縫いにて仕上げました。
後ろ姿も良いですね!
  1. 2017/04/23(日) 22:33:20|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 12

とても古いホウトク製のラウンジチェアを張替えさせていただきました。
生地は破れ、かなり傷んだ状態です。
houtoku32
張替え前
houtoku34.jpg
剥がした状態
生地を剥がしたところ、中のウレタンはボロボロでFRPの心材もアーム部分が破損していました。
houtoku35.jpg
ウレタンもすべて取り除きました。
発砲ウレタンをFRPでサンドした作りでした。
houtoku33.jpg
ウレタンを新しく接着
破損したアーム部は硬質のウレタンで補修し、ハギ目全周に丈夫なナイロンメッシュシートを失着しました。
houtoku31.jpg
張替え後
ウレタンの上に白綿を接着し、ヘリンボーンの生地にて張り仕上げました。
縫製で形がきまるので何回も型を修正、座前部分は手縫い仕上げになっています。
今の暮らしに合った椅子に蘇ったと思います。
  1. 2017/03/23(木) 21:34:46|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 11

天童木工製、剣持勇さんがデザインした名作椅子カブトチェアを張替えさせていただきました。
ずいぶんと古い椅子でしたので、中身のクッションから交換しました。
張替えの記録になります。
kabuto1 (1)
張替え前  ところどころに破けやシミがあります。
kabuto3.jpg
生地を剥がした状態   モールドウレタンのようですが、かなり傷んでいます。
kabuto2.jpg
ウレタンを剥がし芯材の状態に   腰部には補強の金物プレートが入っていました。
kabuto4.jpg
ウレタンを接着   座には硬めのチップ、背にはウレタン、その上に少し硬めのウレタンを。
kabuto5.jpg
表地を張り込み  腰部は細いマチを入れました。
kabuto6.jpg
背裏手縫い   背上はボール紙で折り返し、あとは手縫い仕上げ。
kabuto7.jpg
張替え完成
デンマークkvadrat社、綺麗なブルーの生地で張替えさせていただきました。
北欧の影響を受けて生まれた体を包み込むようなデザインの椅子。
張替えをしていて、こんなにも難しい芯材をよく作ったものだと感心しました。
良いモノを作ろうとしている時代。
デザイナーとその想いに応えた天童木工ならではの技術力にただただ脱帽です。

    
  1. 2017/02/23(木) 21:45:59|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ