FC2ブログ

fujitake works 雑記帖

パイプ椅子の張替え

D&DEPARTMENT tokyo店のUSEDを張替えさせていただいていいます。
今回は古い日本製のパイプ椅子を張替えました。
2020221.jpg
2020222.jpg
背、座のクッションが良くなるように少し厚くして張替えました。
最近、あまり見かけなくなってきたパイプ椅子、気になる方はお店の方にお問い合わせください。

2020223.jpg
使用頻度も高く、雑に使われている印象のパイプ椅子。
色々なタイプのパイプ椅子を張替えてきましたが、よく作られている椅子だと思います。
なかなか壊れない頑丈な作り、錆びないような素材や加工、主張のないシンプルなデザイン。
同じように見えるパイプ椅子でも多くのメーカーが製作しており沢山の種類がありました。
今現在も日本で製造している工場は少ないのではないのでしょうか?
このような椅子は悲しいことに、誰にも気にとめられず凄い数の椅子が廃棄されていると思われます。
古い椅子の武骨さが好きなので、張り替えて使われ続けられる仕組みが出来ればいいですね。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/02(日) 10:30:31|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エグゼクティブチェア

fwhmec1.jpg
ハーマンミラー社製、4本脚の古いエグゼグティブチェアを張替えさせて頂きました。
Time-Lifeビルに置かれたことから別名タイムライフチェアとも呼ばれている椅子です。
fwhmec2.jpg
背のクッション材は再利用し、傷んでいた座、肘のクッション材は交換しました。
張地は本革にて張替えました。パイピングが6㎜芯なので革の厚みを足すと8,5㎜。
これだけ太いパイピングの縫製が思っていた以上に大変で新しいミシン押さえを購入し苦労しながら仕上げました。
fwhmec4.jpg
fwhmec3.jpg
サイズも大きくどこから見ても綺麗な作りの椅子です。
ただ背のクッションが、かなり硬めなのでゆったりとした座り心地ではありません。
かなり存在感もあるので空間を選ぶ椅子ですね。
  1. 2019/12/15(日) 17:11:31|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーマンミラーソフトパッドチェア

fwasft4.jpg
ハーマンミラー社製、アルミナムチェアをパッド付のソフトパッドチェアに作り変えました。
フレームは同じモノなのですが、縫製方法の違いでアルミナムかソフトパッドになります。
アルミナムはキルティングが大変なのですが、ソフトパッドは背座のクッション部を縫い付ける作りで型紙を製作するのに苦労しました。パーツも多く縫製の仕方も複雑で、よくこの形状にしたと感心させられました。
fwasft3.jpg
fwasft2.jpg
合わせて5脚、ソフトパッドに作り替えさせて頂きました。
同業者からもソフトパッドは大変だと聞かされていたので仕事を受けるのに臆するところがありましたが今まで出来なかった仕事が出来るようになる喜びは本当に楽しい時間です。有難いことにお客様のおかげで成長させていただいております。
fwasft1.jpg
張替え前のアルミナムチェア。見比べるとやはりソフトパッドは良いですね!
まだ本革でやる自信はありませんが、よい経験になった張替え仕事でした。
  1. 2019/11/29(金) 08:12:01|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペリカンソファ

天童木工製の古いペリカンソファ。現行では製造されていない製品です。
ソファクッションを試す椅子が欲しいと思っていたところ、中古で安く購入することが出来ました。
ボロボロの状態でしたので木部の状態まで剥がし、下張りから作り直しました。
それにしても自分の椅子を張替えるは楽しい時間で、お金にはなりませんが色々と見つめ直す大切な時間だと思います。
tps2.jpg
低い座面で置きクッションの作りなので、クッションを変えることにより
色々な座り心地が試すことが出来るので、ご自分に合った座り心地からクッションの作りが選べます。
tps1.jpg
背フェザー&座フェザーの組み合わせ
tps3.jpg
背マチなしフェザー&座フェザーの組み合わせ
tps4.jpg
座ウレタン&背フェザーの組み合わせ

僕は背がマチなしフェザー&座ウレタンの組み合わせが好きなので工房ではこの組み合わせで使用しています。
生地はKvadrat Molly2、よく使用する好きな生地です。
ソファのクッションを変えるだけでも座り心地はとても良くなります。
クッションの交換などだけでもご相談くださいませ。
  1. 2019/11/10(日) 10:48:00|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓辺のデイベッド

tks1.jpg
tks2.jpg
新居に合わせ、デイベッドのクッションを作製させて頂きました。
座クッションはウレタンベースに厚み8cmのフェザーシートをのせ、
沈みこみすぎない柔らかな座り心地になっています。
クッションはしっかりと背中をささえてくれる大きめのフェザークッション。
両サイドのアームは形状が変わらないよう硬めのウレタンで製作しました。
tks3.jpg
生地はKvadratを使用し、各パーツごとに張り分けています。
細部まで気づかいとこだわりの行き届いた素敵なお住まいでした。
  1. 2019/10/19(土) 21:46:56|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ