FC2ブログ

fujitake works 雑記帖

辻木工アームチェア

tujimokkou1.jpg
北欧デザインの影響を色濃く受けた、辻木工製の古いアームチェア。
4種の生地にて4脚づつ中のクッション材を全て交換し張替えしました。
tujimokkou2.jpg
tujimokkou5.jpg
tujimokkou3.jpg
tujimokkou4.jpg
アームの形状など難しい技術で作られた完成度の高い1脚です。
70年代に作られた椅子なので、傷やスレはありますが木部自体は問題ありませんでした。
D&DEPARTMENT TOKYO店の店頭、またはD&Dのネットショップにて販売中です。
4脚セットで揃える機会はなかなかありません。1脚づつ生地を変えて使うのもいいですね。

約50年前の椅子を張替えて時代に合ったモノに蘇り使われ続けていく。
捨てるのではなく張替えて使い続ける暮らしを。
スポンサーサイト



  1. 2021/01/24(日) 10:29:42|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソファ&デイベッドクッション

2020tk2.jpg
日差しが心地良い季節。
お住まいのリフォームに合わせて、ソファ&デイベッドのクッションを納品してきました。

2020tk3.jpg
なんといってもご家族でゆったり寝ころべる大きさのデイベッド、無事にぴったり納まり一安心でした。
下が収納になっていて物が少し置けるフレームも素敵な仕上がりです。

2020tk1.jpg
こちらはソファクッション。背クッションをどかせばこちらもベッド代わりになります。
どちらもお洗濯が出来るようカバーリング仕上げになっています。

なかなかお出掛けしにくい状況が続きますので、
日々の暮らしの中に居心地のいいスペースがあるのはとても大事です。

佐藤・布施建築事務所様からご依頼いただきました。
いつも素敵な空間に仕上がっていて納品が楽しいです!
  1. 2020/12/22(火) 08:48:30|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジョリーナチェア

マジョリーナ1
zanotta社製、マジョリーナチェア。
1つだけあったオリジナルを参考に中のクッションから、
背、座、オットマン用のクッションをスムース革にて新しく製作しました。
中のクッションから拘った作りで1つのクッションに3つに分かれたクッションが入っています。
マジョリーナ2
マジョリーナ3
デザインはデザイン界の巨匠マルコ・ザヌーソ。
美しい金属のフレームに本革のクッションを合わせたイタリアらしいデザイン。
一度座るとなかなか立ち上がる事の出来ない座り心地です。
  1. 2020/11/22(日) 10:04:39|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FUJITAKEWORKS 7周年

suigen1.jpg
FUJITAKEWORKSを開業して7周年を迎えることが出来ました。

今年は新型ウィルスの影響で人と会う機会が少なくなり、
いつもに増して過ぎるのが早かったように思います。
有難いことに椅子張りの仕事には恵まれていて、あまり変ることなく1人工房で作業をする日々でした。
10周年迄にはお客様に来ていただけるスペースを作りたいと考えています。
実際に座り心地を確認してもらったり、生地を触り比べてもらったり、好きな古い椅子を張替えて販売したりと
以前からやりたいとは思っていますが、なかなか希望の場所に巡り合えません。
仕事をしながら自分のサイズに合った場所作りをしていきたいです。

suigen2.jpg
先日、新しく出来た水源の森キャンプ場に行って来ました。
新しい出会いの中、洗練されたキャンプミーティングを楽しみました。
友人が新しく始めるブランドに作り手として少し参加しています。
気持ちの良い秋晴れの朝でした。
suigen4.jpg

suigen3.jpg
  1. 2020/10/25(日) 11:06:33|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天童木工 ヘロンチェア張替え

heron921.jpg
古く状態の悪い天童木工製ヘロンチェアの張替え。
張替えの作業をご紹介させていただきます。
heron922.jpg
剥がした状態
座のラバーテープは硬化しボロボロの状態です。
背座に受け張りが無い為、ラバーテープにあたる箇所から切れてしまっていました。
heron923.jpg
新しくウェービングテープをひき、背座共に受け張りをしました。
これによりウレタンが切れることなく、長い間ご使用いただけます。
heron924.jpg
表生地とナイロンハーフ付ウレタンを接着し、1本1本ミシンキルティングしていきます。
heron925.jpg
ベースに硬質のウレタンを接着し、その上にキルティングした縫製品を張って仕上げました。
クッション部分は新品同様になります。
heron926.jpg
同じような直し方でロッキングチェアも張替えました。
どんなにボロボロの状態でも木部(フレーム)がしっかりしていれば、
張替えて甦らすことができるのが凄く良い仕事だと思います。
思い出と共に張替えて使い続ける暮らしを。
  1. 2020/09/21(月) 08:45:19|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ