fujitake works 雑記帖

天童木工 マルガリータ

天童木工で40年間、作り続けられている名作ソファ、マルガリータ。
スウェーデンの家具デザイナー、ブルーノ・マットソンが畳の上での実体験を元に生まれた形です。
以前にも張替えはさせて頂きましたが、今回はクッションを新しく制作しました。
tema1.jpg
張替え前
古い型のモノで、クッション部はかなりくたびれた状態でした。
お客様と相談し、まったく異なるクッションを製作することに決まりました。
tema2.jpg
tema3.jpg
tema5 4
張替え後
フレームはそのまま使用し、クッション中身はフェザーにすることに。
サンプルを載せて座っていただいたところ、何か物足りないとのことで
反発力の無いフェザーの下に反発力の強いブレスエアーをいれることにしました。
生地はお客様が選ばれたmina perhonenのモノを使用。
背表には刺繍が入ったtambourine,他は無地の生地を使用しています。
背座のクッションをズレにくくする為、オープンファスナーで固定し一体となっています。
クッション部分の厚みは約11㎝、生地もしっかりしていて優しい座り心地になりました。
tema5.jpg
クッションの中身
上がスモールフェザー100%、9つ割りでフェザーがズレない作りです。
背に比べ、負荷のかかる座のほうには多めのフェザーが入っています。
下がブレスエアー、ベットのマットレスなどに使用されている素材です。
通気性が良く洗えるクッション材となっています。

見た目は綺麗なソファなのですが、腰掛けてみるとクッションが硬かったり、物足りなかったり。
クッションの中身を交換するだけで座り心地がとても良くなると思います。
クッション中身だけの交換も可能ですので、お気軽にご相談ください。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/10(日) 21:14:45|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジロフレックス 33

giroflex331.jpg
giroflex パソコンチェア 33。
ロッキング、ガス上下調節、背の高さ調節機能があり快適な座り心地です。
張替えをご相談されたのですが、機構が複雑な為、分解するのも張替えも大変でした。
そこで、椅子の上から被せるカバーを制作させて頂きました。
giroflex335.jpg
giroflex332.jpg
本体の上からカバーを被せた状態。
座は被せるだけの作り、背はオープンファスナーを縫い付け背下でとめています。
giroflex333.jpg
giroflex334.jpg
座の両サイドにあるレバー、背裏の上下機能レバー部分はよけ、
機構は問題なく使用できるように制作しました。

久しぶりの細かな型だし作業。
イメージが形になり、平らな布が立体になり機能をもつ楽しい作業でした。
最近のオフィスチェアはますます機構が複雑になってきていますので、
メンテナンスしやすいカバーは良い方法だと思います。
  1. 2017/08/27(日) 10:41:44|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セブンチェア

1955年にデンマークのフリッツハンセン社から販売されている名作椅子のセブンチェア。
60年たった今でも色あせることなく憧れの椅子の1つとなっています。
さまざまな素材やカラーの成型合板が一般的ですが、
表面に生地を張ったフロントパティング、表裏を張包んだフルパティングがあります。
クッション材を入れるので座り心地も良くなります。
seven3.jpg
表面に生地を張ったフロントパティング。
吉祥寺にて北欧家具を扱うpleases様にご依頼いただき制作しました。
seven5.jpg
縫製品の内側におさまるように一回り小さいウレタンを接着。
seven4.jpg
H型の特殊なパイピングを縫い付けた縫製品。
ウレタンと縫製品を接着してからタッカー止めして張り上げます。
seven1.jpg
張替え後 
D&D tokyoでの張替え相談会にて、アーム付きフルパティングをご依頼いただきました。
1976年製の古いモノで中のクッションから交換し張替えました。
心材にウレタンを接着、表地を張り込み、裏側の生地を張り込みます。
seven2.jpg
背裏の腰部分から上の見える部分にH型の特殊パイピングを縫い付けタッカー止めしています。
座裏は生地を折り返してタッカー止め。
アームの形状、バランスといい美しい椅子です。
  1. 2017/06/15(木) 21:46:22|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 14

吉祥寺にある北欧ヴィンテージを取り扱う家具屋Please様にご依頼いただき
デンマークの家具メーカーJ.L.Moller社の張替えをさせていただきました。
古く貴重なチーク材の木部でどこから見ても本当に美しい椅子です。
moller3.jpg
moller4.jpg
moller6.jpg
moller5.jpg
張替え後
チーク材で制作された木部にヌメ革、茶色の革で張り仕上げました。
中の仕様も当時のやり方と同じ方法で下作りしました。
一度すべて剥がしデンマークから取り寄せた麻テープを横縦に下張り、黒綿、硬質ウレタン、白綿。
なかなか触ることの出来ない椅子の張替えをさせていただき良い機会となりました。
  1. 2017/05/25(木) 20:47:26|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張替えてつかう 13

デンマークを代表する家具メーカーのフリッツハンセン社。
建築家のアルネ・ヤコブセンがデザインし1955年に発表されたセブンチェア。
日本中、多くの場所で愛用されている名作椅子です。
20174231.jpg
20年以上前のモノで塗装は剥がれ、表面の木肌はボロボロの状態でした。
クッションをつけ生地を張り、張り包みの椅子に作り変えます。
20174232
ウレタン接着後
硬質ウレタンを前面に接着しました。
20174233.jpg
張り包み後
1枚の生地で表地を張り込みます。腰部のカーブ部分に生地のたわみがでてしまいシワなく張るのが少し大変です。
切り込みを入れながら張り上げました。
20174234.jpg
背裏はタマブチを縫い付けて、手縫いにて仕上げました。
使用しているうちに傷ついたり、塗装がおちていってしまいます。
張り包みはクッションが入り座り心地も良くなるので、修理方法としてもおすすめです。

20174235.jpg
こちらは、脚が可愛い日本製の古いオフィスチェア。
ビニールレザーからファブリックにて張替えました。
中身のウレタンを全て交換し、接着せずに張り込み。
厚みもあり、カーブもきつく、セブンチェアより大変な張り作業でした。
20174236.jpg
背裏は薄いウレタンを入れ、全周手縫いにて仕上げました。
後ろ姿も良いですね!
  1. 2017/04/23(日) 22:33:20|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ