fujitake works 雑記帖

今日もていねいに

僕の好きな雑誌の1つに「暮らしの手帖」があります。
その雑誌の編集長、松浦弥太郎さんのお話を聞いて来ました。

長い歴史を持つ暮らしの手帖の編集長になった経緯や
暮らしの手帖への想い、そしてこれからのことなど、
こんなにも大変な思いをされている事など考えても無く、
驚きと共にとても共感するお話しを聞かせて頂きました。

勝手にスマートで知的で素敵な人だとばかり思っていました。
歴史を受け継ぐことの重圧、受け繋げることの大変さ。
僕には想像も出来ませんが、「きれいに磨き直す」と言う言葉が
とても印象的でした。1つ1つ丁寧に直す、時間を掛けて。

考えてみると、僕が暮らしの手帖を読むようになったのは、
20代後半からなので、ちょうど松浦さんが編集長になられてから。
仕事をして家族が出来て、ちょうど日々の暮らしに目が行くようになってからです。
僕が好きな「暮らしの手帖」は、松浦さんの暮らしの手帖だと感じました。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 22:31:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<張り替えてつかう1 | ホーム | ぬりかさね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fujitakeworks.blog.fc2.com/tb.php/11-dc2291f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)