fujitake works 雑記帖

張替えてつかう 13

デンマークを代表する家具メーカーのフリッツハンセン社。
建築家のアルネ・ヤコブセンがデザインし1955年に発表されたセブンチェア。
日本中、多くの場所で愛用されている名作椅子です。
20174231.jpg
20年以上前のモノで塗装は剥がれ、表面の木肌はボロボロの状態でした。
クッションをつけ生地を張り、張り包みの椅子に作り変えます。
20174232
ウレタン接着後
硬質ウレタンを前面に接着しました。
20174233.jpg
張り包み後
1枚の生地で表地を張り込みます。腰部のカーブ部分に生地のたわみがでてしまいシワなく張るのが少し大変です。
切り込みを入れながら張り上げました。
20174234.jpg
背裏はタマブチを縫い付けて、手縫いにて仕上げました。
使用しているうちに傷ついたり、塗装がおちていってしまいます。
張り包みはクッションが入り座り心地も良くなるので、修理方法としてもおすすめです。

20174235.jpg
こちらは、脚が可愛い日本製の古いオフィスチェア。
ビニールレザーからファブリックにて張替えました。
中身のウレタンを全て交換し、接着せずに張り込み。
厚みもあり、カーブもきつく、セブンチェアより大変な張り作業でした。
20174236.jpg
背裏は薄いウレタンを入れ、全周手縫いにて仕上げました。
後ろ姿も良いですね!
スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 22:33:20|
  2. works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<張替えてつかう 14 | ホーム | 春のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fujitakeworks.blog.fc2.com/tb.php/69-2b218032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)